キズナアイが可愛いし、まさにアイドル VR業界の発展がすごい

知ってますか? 絆AI

f:id:mashiroyuya:20170620195803p:plain

Kizuna AI Official Website

www.youtube.com

www.youtube.com

かわいい。 新しいYoutuberの形が彼女です。

自分でもバーチャルユーチューバーと名乗っています。

www.youtube.com

最初の自己紹介動画ですが、最初なので慣れてないのか新しい動画と比べるとちょっともたついている感じがあります。そこが人間らしい気も。

このキズナアイを知ったきっかけは開発している会社の説明を聞く機会があり、そこでキズナアイについて知りました。

それまでは知らなかったのですが、家に帰ってYoutubeを見るまでは正直なめていました。

2次元アイドルのYoutuberといっても大したことないだろうと思っていたけど想像以上に可愛いし面白い。 3Dのデータで作られているキズナアイは髪の揺れ具合や表情も豊かでリアルだけど2次元の可愛さも兼ね備えている。現時点で最強と呼んでいいのではないだろうか。

動画自体も毎回面白く、Youtuberらしい企画だったりゲーム実況っだったり、少しポンコツな感じが程よく可愛さを出しています。

キズナアイのもう一つの大きなポイントは声! まず声が可愛い。ちゃんとした声優さんの声でキズナアイの声ができているのでそこにも親近感がわきます。声と表情のリアクションがマッチしているところもとても良い。

キズナアイは現在のテクノロジーを使った新しい形のアイドルです。キズナアイ自体の動きは実際に人が動いてそれをモーションキャプチャーの技術でトレースしてあの動きを再現しているようです1キズナアイは世界でもウケているようで、コメント欄には英語だけでなく様々な言語でコメントされているのが見えます。特に韓国人が多いようです。

キズナアイからの広がり

バーチャルユーチューバーってだけあって本当にアイドル(偶像)ですよね。

他にも同じようなアイドルなどが出てきて未来のアイドルにバーチャルアイドルというジャンルが確立していきそうですね。

この技術は今後さらに応用されて行くと感じますね。VRとか流行ってますけどVRが活用される分野としても注目です。 例えばこの技術でアイドルだけでなく、教師とかも作れる気がします。

教師の見た目ってやっぱり大事じゃないですか。生徒からの評価などにも見た目って需要な要因になっているそうですし、キズナアイと同じシステムでの教師がいれば見た目の優劣はそこで無くなるわけじゃないですか。

それこそ教師が教える技術だけで勝負していける時代が来るのかもしれません(まあ学校教師は厳しくても塾講とかはどうだろう)。

現実でアバターを被る時代

まあこういうのは俗にいう「アバターを被る」という行為だと思うのですが、ゲームなどでアバターを使ってプレイしていた世界がもうそろそろ現実にも侵食し始めているんですかね。

Facebookが「アバターを被る」サービス Space を出しています。

フェイスブック、ソーシャルVRアプリ『Facebook Spaces』ベータ版配信開始 | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

F8:Facebook、SpacesでVRに最初の一歩―アバターを操作する愉快なプラットフォーム | TechCrunch Japan

VRと言えばゲームなどの娯楽コンテンツがメインであと医療にも応用しようとかの動きがあると思いますが、 VRという技術は、上でも書いた教師(塾講)などVRにちょっとしたプラスのアイデアで大きな広がりを見せそうです。

やっぱりこれからの時代は楽しみだ

VRだけでなくARとMR。この3つは未来感が高まる技術なので楽しみにしています。

アニメのサイコパス電脳コイルのような世界があと50年以内には来るのかな。

これからもVR, AR, MR業界はさらに発展していきそうです。

キズナアイのチャンネル登録はこち

www.youtube.com


  1. 生放送などもあるので、動いている人も声優さんらしい!?

C言語でinput for Paiza

Paizaのプログラミングスキルチェックというサービスがあります。

ITプログラマー・エンジニア転職のpaiza転職

競技プログラミングのような問題を様々な言語で解くことができるのでとても良い勉強になります。 しかし、スコアを出すためには制限時間内に問題を解かなくてはなりません。
色々な言語を使ってやっていると毎回「あれ? inputどうやってやるんだっけ?」ということに陥ってそこで無駄に時間を過ごしてしまいます。

なので今回はC言語で簡単にPaizaなどで使えるようなinputの方法をメモしておきました。

続きを読む

PythonでRungeKutta

  • solve_RK() 説明
    • 引数
    • 戻り値
    • コード
    • 使用例
      • コード例
        • 参考:

Python微分方程式を解きます。アルゴリズムはRungeKutta法を使います。
忘れた頃に定期的に必要になってくるのでここに関数化して書いておきます。
下にコードがあるのでコピペして使ってください。

続きを読む

デブサミ de:code2017前夜祭レポート

Developers Summit code your future ~エッジな技術領域とエンジニアのキャリアデザインについて語ろう~

de:code2017の前夜祭(day0)に行ってきました。

f:id:mashiroyuya:20170522235824j:plain

明日から始まるMicrsoft主催の大きな技術カンファレンス、decode2017の前夜祭として行われたデブサミでしたが、美味しいご飯も用意してあって飲み物、お酒まであったのは驚きでした。

続きを読む

matplotlibのエラー 'str' object is not callable

Jupyter notebookでpythonを書いているときにこのエラーが起きた.

エラーの状況

一度書いていたpythonのコードのmatplotlibを使っている部分に

plt.xlabel("m")

みたいなことを書くと'str' object is not callableというエラーでxlabel()が使えなくなっていたのだ.

解決法

これはjupyterのような逐次実行する環境で書いてるせいらしいので, 一旦今開いているインタプリタ(僕の場合はJupyter notebookのファイル)を閉じて再起動すれば良いみたい.

つまりJupyter notebookならまず一旦saveして, 左上の “ファイル” から “close and halt” でファイルを閉じて, もう一度そのファイルを起動すれば難なく動いた.

python - Matplotlib pyplot.title(string) returns error - Stack Overflow

ここのAnswerを参考にした.

量子コンピュータつくりたい

久々の更新は東京から

最近のこととこれからやりたいことを少し。まあ日記ですので。

2月末に大学最後の卒業研究発表がやっと終わった。 僕は素粒子理論の研究室に所属していたのですが、縁があって別の研究機関で量子情報に関する実験を行ったのでそれを卒業研究として発表しました。 もちろん大学の素粒子理論研究室での活動も行いながら。

量子情報に関する実験に関わったのが10月ぐらいだったかと思います。 そこの研究室はまだ実験の立ち上げの最中でそこに関わることができたのはとても良い経験だった。 また、量子情報に関われたのは本当に良かった。自分の大学では量子情報に関することをやっている研究室がないのでこうやって外部の機関で関わることができてよかったと感じています。

正直自分が実験をするなんて思いもしなかったですが、実験に行けてよかったと思っています。いま大学院では理論ですが。

いまは理論ですが、今後は量子コンピュータの開発に関わって行きたいとも考えているので極低温の実験に参加できた経験はそこで生きてくることを期待しています。

量子コンピュータといっても量子ビット方式だけではなく量子アニーリングマシンを作るということを先の目標にこれからやって行きたい。自分は理論からのアプローチになるだろうけれども実験屋さんともいろいろ話ししてみたい。

D-Waveの量子アニーリングマシンは理論もハードも日本発なのに実装してビジネスとなると北米に持って行かれてる。ここに日本からのアプローチをしたい(まあ正直日本にこだわりはなく自分が海外に行くというのもあり)。

いまは沖縄から東京の大学院へと進学して、東京は多くの大学が集まっているので今後に関しても沖縄にいるより動きやすくてこれからが少し楽しみです。その前に量子アニーリングなどの理論について学ばなくては行けないですが、気合い入れて頑張って行こうと思います。

しかし、引っ越しやらいろいろな事務手続きやらでここ最近物理ができてないのが辛い。これからしっかり論文も読んで頑張ろう。

ただの日記を読んでくれてありがとうございます。 これからも頑張ります。記事も書きます。